地産・地消で地域と森が元気になる

 最近、直売所やスーパーなどで売られている農産物に生産者の名が書かれているケースも多くなってきました。

 地産地消は、生産者の責任感や意欲の向上文化継承や新たな取組への想像輸送エネルギー削減など、地域活性や環境に貢献します。

 

 地元で採れた野菜を食すように、住まいも安全、安心な材料でつくりたいものです。

 外国から運ばれて来た木材より、地域材利用が一番エコで、なおかつ森の環境を守ることにつながれば、利用しない手はないと思いませんか?・・

 

 コウ設計工房は、やっぱり「地域材」にこだわります。

  

地域の木で地域の工務店がつくる   北坂戸の木の家
地域の木で地域の工務店がつくる   北坂戸の木の家

「木の家」と「暮らし」をデザインするコウ設計工房が 
木の家を奨める5つの理由

 

コウ設計工房の家づくりは他とは、ここが違います・・・ 

 

1.木材の産地に近い事務所
 山の関係者とのネットワークにより、木の伐採や製材見学、木材の履歴も知ることができます。

2.技術のある工務店と連携
 県内、東京西部地域には多くの工務店や大工さんがいて、腕は勿論気質のいい工務店と連携しています。
 連携といっても、業務上の立場は明確にしています。

3.木の特性・適材適所を知る
 木の特性、良いところも悪いところも解っているので、適材適所の使用を建て主さんに提案します。

4.構造体へのこだわり
 簡単なプレカットの家はつくりません。データに基づいた伝統的手法も取り入れた架工を組む事を基本としています。

5.コスト意識を持っています

 設計事務所はコスト意識が薄いと思われがちですが、20棟以上の直営工事の経験から、コスト意識は普通の設計事務所より高いと自負しています。

お問い合わせ

有限会社 コウ設計工房

埼玉県飯能市美杉台 2-20-3-100

TEL: 042-971-3713 

お問い合わせはこちら